淡々と趣味について 更新は不定期 下のプロフィール必読

出会い

 


 

今やTwitterでウタミミ、ウタミミうるさすぎてモーメントでまとめられるぐらい呟いている私ですが…

↓趣味嗜好満載なので気持ち悪いです

twitter.com

 

 

そのウタミミ(月組との出会いというと…

 

 

 Me and My girl初演(87年)がきっかけなのです。

 初演は87年ですよ!って言う宣伝も込めて

 

 

 

そのときの私は90年代雪組(ほとんどゆきはな)にお熱でした。

 さらに80~90年代が好きと言ってはいても80年代の作品をほとんど知らないという状態でした。

 

 

 

「そういえば昭和の作品全く見ていなかったなあ」

 

 

そう思っていたとき、偶然ミーマイ初演を見つけたのでした。

 

 

初見のときの衝撃はすごかった…

コーラスの厚さ、主演の方々の動きの可憐さ、ほんとうに存在しているんじゃないかと思うくらい自然な振る舞い、言うまでもなくダンが上手いなどなど…

 

 

特に私がウタミミに目覚めるきっかけになるミーマイ主題歌…

 

 

タコビルはもちろんかっこよかったのですが、私的にはミミサリーがとてつもなくかわいかった…しかも歌も芝居もダンスもうまいなんて。

ミミサリーの「ねえ、ビル~」とか「あたい!」とか…ミミさんのお声も相まってほんとかわいいんですよお…

 

極めつけにはウタミミの掛け合い、デュエットなど息がぴったり、誰かが「信頼しているのがわかる」と言っていたのに深く頷いた覚えがあります。

 

 

ランベスでのビルサリーもかわいかった…

黒い帽子を身につけたビルに、ふわふわの赤いファーを身につけたサリー…この場面はウタミミの中で好きな場面の一つに入ってます。衣装もかわいい…

ライブ版CDだとウタコビルよりミミサリーの歌声が勇ましかったり、バックでしゃべっている言葉がちらちら聞こえたり面白いです笑

 

 その後もサリーの「顎で受けなさい」、幻想シーン、本編のラストやウェディングウタミミなど…いろいろいい場面はあるのですが、DVD化されて全編見ることができたら語りたいなあと思っています。

 

 

 

というわけでミーマイのおかげで見事に私はウタミミ時代に片足を突っ込むことになるのでした。

 

 

幸運なことにきっかけであるミーマイは前夜祭という体でウタミミが共演する機会でもあるんですよねえ…

当時の映像を見て一喜一憂するウタミミかわいいのでおすすめです。

 

 

今年はウタミミミーマイ30周年ということで、今年こそDVD化してくれるんじゃないかなあという淡い期待を抱いている私です。

 できれば特典もたんまりください…

 

 

好きすぎて退団公演の原作小説を読み切ってしまうぐらいの熱量を生み出してしまうのですが、それはまた別の機会に…

 

 

 

 

広告を非表示にする